野外撮影セミナーのレポート

前回の更新から少し時間が経ってしまいましたが、
今日は8月30日に行った野外撮影セミナーの様子を。

まずは、セミナーにご参加くださった皆様、どうもありがとうございました!
スタジオWanさんから飛び出して、初めての野外セミナー。
後半の部では霧雨になったりと少し不安定なお天気でしたが、
前半の部も後半の部も、皆さん集中して撮影に挑んでくださいました!
途中、気がついたら参加者さんの数が増えていたり(!!)と、
公園をお散歩している方々にも大人気なワンコたちでした^^



今回は広い公園と言うことで、
望遠レンズを使った「前ボケ」写真の撮り方を中心に撮影して頂きました。
もちろん「ボケ」は望遠レンズじゃなくても作れますが、
以前レッスンをした際、望遠レンズを持っていても使う機会がないという方が意外と多かったので、
今回、目一杯望遠レンズを使って撮影して頂こうと思いました。



作例として見せるためにパパっとしか撮影していないのですが、
前ボケがあるのとないのとでは、写真のイメージは大きく変わります。



また、同じ場所でも光のあたる位置や、
被写体とボカしたいものとの距離の違いでも写真の表情は変わります。



動くワンコを撮るというだけで難しいのに、
さらに前ボケを意識して撮るという課題に皆さん苦労されていましたが、
「わぁ!ボケたー!!」という皆さんの嬉しそうな声や笑顔を見る度、
私も一緒にモニターを見て「わぁ!ボケてますねー!!」と、
端から見たら何を言ってるんだという会話で盛り上がっていました(笑)

前ボケはコツを掴むまでは少し難しいかもしれませんが、
前ボケの作り方やコツさえ覚えてしまえば、写真の表現の幅も広がりますので、
とにかくたくさん撮ってみることが上達への、
そして自分の「好き」を見つける近道にもなると思います^^



こちらは「後ろボケ」と「玉ボケ」の作例で撮った写真です。
緑の中に玉ボケが入っているだけで、キラキラとした夏を表現できますよね!



望遠レンズは、近くのものと遠くのものの距離感をぐっと縮める
「圧縮効果」をより効果的に表現できたりもしますので、
持っているけど使う機会がなくて...という方は、ぜひ一度使ってみてください^^




ちなみに、下の写真は全て望遠レンズで撮ったものです。
レンズは Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS II で、
7年程前に一眼レフを買ったときのダブルズームキットのレンズです。

「遠くの物を大きく撮る」のはもちろん、
望遠レンズ特有の大きなボケや圧縮効果を活かすことで、
様々な印象の写真を撮ることができます。





今日は望遠レンズについて色々書きましたが、
広角レンズや単焦点レンズなど、レンズにはたくさんの種類があります。
レンズを変えてみることで、同じ被写体でも違った発見をすることもありますので、
手元にあるレンズで同じ被写体を撮り比べたりしてみるのも楽しいですよ♪





次回は秋の撮影会のお知らせをします!
初めての撮影会。皆さんに素敵な思い出を作って頂けるような
そんな撮影会にしたいと思います^^

  • 2015.09.16 Wednesday
  • Lesson
  • -


PROFILE

Name : tomoe
Clover Photo という小さな写真屋さんを運営しています。
(フィルムカメラでの撮影もしています)

■お問い合わせはこちらへお願いします。
info@clover-photo.com

SITE

Clover Photo ではペットの出張撮影を行っています。
その他、撮影やPhoto Lessonのご依頼もお受けしていますのでお気軽にご連絡ください。





DogxDays はライフワークとしてフィルムで撮影しているDog Photo Siteです。

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

ARTICLE SEARCH

OTHERS